ナイキマドリードの船橋記念の4連覇勝利について

ナイキマドリードの船橋記念の4連覇勝利について

 14日、船橋競馬場で第59回船橋記念(4歳上・ダ1000m・1着賞金1000万円)が行われ、3番手でレースを進めた川島正太郎騎手騎乗の2番人気ナイキマドリード(牡9、船橋・川島正一厩舎)が、直線で逃げ粘る1番人気マスターエクレール(牝6、船橋・川島正一厩舎)を捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは59秒0(良)。

 さらに3馬身差の3着に9番人気ピエールタイガー(牡7、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。なお、3番人気ケイアイヘルメス(牡7、大井・佐宗応和厩舎)は故障発生による落馬のため、直線に入るところで競走を中止した。

 勝ったナイキマドリードは、父ワイルドラッシュ、母スイートテイスト、その父Salt Lakeという血統。本馬はこのレースを2012年から続けて制しており、今回で4連覇達成となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆ナイキマドリード(牡9)
騎手:川島正太郎
厩舎:船橋・川島正一
父:ワイルドラッシュ
母:スイートテイスト
母父:Salt Lake
馬主:小野誠治
生産者:下河辺牧場
通算成績:54戦17勝(JRA1戦0勝・重賞9勝)

 

 

 

「ナイキマドリードの船橋記念の4連覇勝利について」の続きを読む…